opnlab

求められているだけ提供せよ

 

あるスピーチの本を読んでいると、言語学者ポール・グライスの4つの「会話の公理」が紹介されていました。その「会話の公理」の最初に書かれている言葉が「量」の公理で「求められているだけ提供せよ」でした。

 

「まさにその通り」

良いプレゼンには、構成や話し方、身振り、スライドなどいろいろなポイントがありますが、その一つに「時間」があります。つまり、決められた時間内に終える、というタイムマネジメントができているかどうか。

 

プレゼンの本にもよく「時間内もしくは少し早めに終えると良い」ということが書かれているのですが、意外と気にとめないスピーカーが多いように思います。実はそういうスピーカーは、とてもいい人であることが多い。サービス精神が旺盛で、惜しみなく情報を提供をし、講演時間を延長してしまう。

 


終了時間は締め切り

 

けれども終了時間は決められた枠であり、締め切りと同じです。参加者はその「枠の範囲内」で最高の中身を聞けることを期待しています。劇やバレエを観に行って、日によっては終了時間が長くなる、ということがないように、プレゼンも時間内に終了することで、聴いている側は高い満足度を得るし、もっと聴いていたかったという気持ちが生まれます。

 

企画したセミナーのアンケートで「時間が短かった」というコメントが書かれているセッションをみつけると、この講師の話しの内容は充実していたんだな、と思います。

 

■プラカードにして見せたくなる

 

そのスピーチの本「オバマ流世界一のスピーチの創りかた」は同時通訳をする著者が日頃仕事で様々なスピーチを聞く中で、なぜオバマのプレゼンテーションの優れているのか、100ページ弱で簡潔にまとめています。

 

本では「話しが長いばかりでいっこうに要領を得ない人には、グライスの4つの公理をプラカードにして見せたいくらいだわ」という同僚の言葉も紹介しています。言葉を理解して、別の言語に訳す同時通訳の人にとっては一層切実なのでしょう。(いつ終わるともしれない会議にあってもよいかもしれません)

 

情報をこれも・あれも、と提供するのではなく、吟味・整理して「求められているだけ提供」「求められている以上に情報量を与えない」ことで伝えたいメッセージがきちんと伝わり、興味が高まるプレゼンになるのです。

 

 

「会話の公理」
量(Quantity)
 求められているだけの情報を提供せよ。
 求められている以上に情報量を与えるな。
質(Quality)
 信じていない事を言うな
 根拠の無い事を言うな。
関係(Relation)
 関連のないことを言うな
様態(Manner)
 曖昧な表現を避けよ。
 不明確な表現を避けよ。
 簡潔に言え。
 順序立てて言え。

 

(オプンラボ 小林利恵子)

 

表示: 244

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2019   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約