opnlab

opnlab「駅消費」(4/5)の講演資料にみる、小売業として急成長するJR

4/5の勉強会のスピーカー JR東日本企画加藤さんから、早々に講演資料がopnlabに届きました。「1時間にしては少し分量多くなってしまいました」とPowerPointで作成された資料は、なんと80ページ


前回(3/2)の勉強会「郵便年賀.jp」で話していただいた郵便事業 西村さんの資料も、豊富なデータに基づいた貴重な分析情報満載で参加者の方に大好評でしたが、今回の資料も中身の濃いこと濃いこと。資料を拝見するだけで、期待が高まります。

駅で物を買う(人)、エキシューマーや駅消費といった言葉は、すでにテレビや新聞、ビジネス誌などでも注目を集めはじめていますが、データをみると実際にJRの小売・流通業としての成長性は断トツで、売り上げも既存の小売業と比べても上位に位置します。

エキシューマーは、通常のお店と消費行動が違うのはもちろん、エキナカと駅ビルでも行動が異なり、購買単価に大きな差があります。さらに、消費者インタビューを行って導き出した「気持ちスイッチ消費」など、大変興味深い消費のタイプ分類も解説しています。

 

また、最近品川など都内で目にすることが多くなってきた「デジタルサイネージ」も時間が許す限り、お話いただく予定ですのでお楽しみに。。

表示: 153

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2020   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約