opnlab

 
食事会の場所探しに苦労していませんか?
ひとついい場所があります。
   
それはオフィスの会議室・イベントスペースです。
 
オフィスにクライアント、パートナー、仕事はしていないけどとても気が合う人などを招いた「オフィス飲み」は、広くゆるいつながりを維持し、関係を強めます。何よりもお互い楽しい。
  
例えば、オプンラボでは3月から4月にわたり数回「センベロパーティ」と題したオフィス飲み会を主催しました。参加費1000円で、飲み物を持参してもらい、食事はこちらで用意します。特別な企画やゲームなどはせずに、参加者同士をつなげ、また個別に近況報告をしていきました。
 
ちなみに、センベロとは1000円でベロベロになるまで飲むという意味。(みなさん大人なのでベロベロになる人はいませんでしたが)このような遊びを入れたコンセプト・企画も、参加したくなるテンションをあげるひとつの要素になります。
 
オフィス飲みのメリットは
・企画の制限がほぼない
・メリハリをつけてお金をかけることができる
・時間を気にしなくてもよい
の3点です。
  
最近オフィス飲みをしたという出版プロデューサーの方も
「参加者からすごく感謝されるよね」
とそのメリットを実感していました。
  
食事会の幹事をするのも大変だと思うのに、自社で開催なんて面倒で仕方ない、と思う企業や人も多いかもしれません。けれども、他の仕事と同様に、目的と予算を決め、タスクを分解して期限までに実現していけばよいのです。
 
ホスト側としてひとつ意識したいのは、孤立している人を作らないように目配りをすることです。最近オプンラボの勉強会テーマとして取り上げている「アクティブ・ラーニング」が大切にしている「ひとりも見捨てない」という方針に通じるものがあります。
 
  
このような小さな交流会の開催に慣れておくと、企業の大々的なアニバーサリーイベントを開催するときもスムーズです。例えば設立10周年パーティといった企画を社員総出で開催するとき、メンバー一人一人が自然な声かけができますし、すでに顔見知りの人も多い場になっているので、雰囲気の良いイベントを作り上げることが期待できるのです。(アニバーサリーイベントの作り方については、また別の機会に)
 
あとは、リラックスしすぎて終電を逃してしまう、という私のような失敗をしないよう、自らの撤収の時間を決めておくことも大切です。
 
opnlab 小林利恵子
 
​【ご案内】
「センベロパーティ」のような企業イベントを支援を必要とされている企業は
 株式会社オプンラボ  informaiton@opnlab.com まで
〔企画・コンセプトづくり、運営支援、ケータリング、お土産・ノベルティ企画、招待状(手紙・メール)などイベント全般を支援します〕

表示: 648

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2019   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約