opnlab

[フォトレポート]ビジネスパーソンの健康戦略

7月2日、オプンラボでは、神谷バーで、「死ぬまで元気に働き続けるための健康戦略」をテーマに、天使と悪魔によるトークセッションを開催。主催者(opnlab)の強い希望により、当日はイベント告知ページと同様、清らかな白衣の天使とあやしい黒装束の悪魔、という出で立ちで、お二人に登場していただきました。

健康を推進する天使のクレメンティア 代表 荒尾裕子さんから、ビジネスパーソンの健康について、運動あり、クイズありの体験型で解説します。

最初に、世界と日本の平均寿命を紹介。女性が男性よりも平均寿命が長いことは知られていますが、実は単純にこれについて女性は喜べないことも。男性よりも「寝たきり」の平均年数も長くなるという事実もあるからです。

 

そこで「何歳まで行きたいですか?それを手元の紙に書いてみましょう」と荒尾さん。

では、どんなふうに生きたいですか?

「病気をしても長生きしたい」「元気でころっと死ぬ」となると、やはりピンピンコロリを希望する人がほとんど。

人は20代から、代謝や体力が落ちていきます。それを理解せずに食べ過ぎてしまうとメタボになり、運動をしないと体力が落ちて、希望する年齢まで元気に生きることは難しくなります。

そこで、実際に今自分の体力はどうなのか。

荒尾さんはにこやかな表情で、けっこう負荷のある体力テストを実施します。第1の体力テストは、目をつぶって片足をあげて、何秒耐えられるか。

数秒もたたずに、次々と脱落していきます。

続けて、さらに体力テスト2は、一定の時間にイスに座ったり立ったりを何回できるか。。。

これ、意外と激しい運動で、神谷バーは揺れるわ、すでにアルコールの入っている参加者はふらつくわ、お店にも参加者にも限界を強いる、攻めの荒尾さんです。

さて、結果発表です。

何秒片目立ちができたか、何回起立・着席ができたか、という数値は、自分はどの位置にいるのか?体力的に優れていますか?普通?それとも劣っている?

と、これで終わりかと思いきや、今度はじゃんけんで「脳」の反応チェック。

荒尾さん相手に、負ける片手じゃんけん、勝って負ける両手じゃんけん。ところどころ、怪しい人がでてきます。

ひととおりテストが終わり、自分自身の体力の現状について思い知らされた参加者。

それでは、体力を維持し、カロリーを消化するためにはどうしたらよいか。荒尾さんは、無理せずに続けられる「塵も積もれば山となる作戦」を実施しようと提案します。

代謝量より上回る運動して、食事は控えるという基本をおさえる。そのためには、お昼カロリーが高めだったら夜は軽くして1日の消費カロリーを調整したり、電車では立つ・エスカレーターを使わずに階段を上り下りして運動量を増やす。

何気ない日常の行動が、健康につながるのです。

健康診断の結果を持ってきた人は、荒尾さんが配布した健康診断結果の見方の表をみて、自分の数値が良いのかどうか、あらためてチェック。

さて、健康に関する刺激的な運動、頭の体操、解説のあとは、悪魔役のスポーツクラブ「ルネサンス」取締役 高崎尚樹さんが登場。

「健康?」そんなもの「幻想」と 高崎さん。

スポーツクラブという一見健康によさそうな会社につとめて、悪魔として虎視眈々と人間の不健康を狙っているとか。

たとえば、バンダイとルネサンスで万歩計を開発。共同開発した「母をたずねて三千里」は、決められた期間内に目標歩数を歩かないと、母に会えないというゲーム性が受け大ヒット。続く「課長 島耕作」バージョンは歩かないと出世しないとか。これらもすべて目くらませの企画なんです。

タバコにも言及。海外のタバコのパッケージを紹介。ある国ではパッケージの半分を、肺がんなどになった肺の生々しい写真を掲載しているとか。そんなの気にせずどんどんすえばいいのです、と悪魔はささやきます。

高崎さんは、若い時、大手小売りで活躍する一方、休みがほとんどない中、夜の付き合いも続け、体を壊し健康の大切さを身にしみて感じたという経験があります。このため、ビジネスパーソンがどうしたらすぐに体を壊すか、という話しを生々しく語れるのです。

そして、一冊の古い、古い健康書を紹介。
江戸時代に儒学者貝原益軒が、現代にも通じる健康書「養生訓」を残しています。新書などでも出ていますが、ここでは『浮浪雲』のジョージ秋山がマンガを交えてわかりやすく解説した一冊を紹介しました。

脅しつつ健康を推進する、心優しい悪魔の高崎さんでした。

最後に、高崎さんと荒尾さんの話しを目当てに参加した自治医大の消化器系のドクターも、特別ゲストとして前にひっぱりだして、少しお話いただく、という特典もありました。

終了後、次々と質問も。

血圧計も用意され、健康診断をもってきて希望する参加者は簡易健康相談も行いました。

***

7月2日開催opnlab「死ぬまで元気に働き続けるための健康戦略

株式会社クレメンティア http://www.clementia-healthcare.com/

表示: 786

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2019   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約