opnlab

ビジネスも、足元から―陳腐化せずビジネスを継続するために必要なこと

1月27日、インディペンデント・コントラクター(IC:独立した業務請負人)協会の1月セミナーが開催されました。滅多にそろうことがないという協会の歴代3理事長を迎え、現IC協会常務理事のopnlab小林がモデレーターを務めました。

 

まず自己紹介として、現在までのキャリアの変遷を語っていただきました。初代理事長の秋山進さんはリスクマネジメントやコンプライアンス、2代目理事長の田代英治さんは社労士や人事マネジメント、3代目で現理事長の齊藤孝浩さんはアパレル業界と、まったく異なる分野でのプロフェッショナルです。キャリアを具体的に聞くだけでセミナーが開催できるくらいの経験です。
 
その豊富な経験をもってしても、3年もすると培ってきたスキルや知識、そして人脈も陳腐化します。対策として、秋山さんは、力を落とさないためにも業務の半分ぐらいは請負での実務をしています。田代さんは、私塾・田代塾を開き、将来問題になりそうなテーマを取り上げて情報を集めています。齊藤さんは、3年後に業界でみんなが取り組むであろうテーマやキーワードを他人より早く見つけて、自分の専門性と絡めてブログを書くことを心がけています。

 


 
他にも、あえて苦手なお客さまと仕事をしてアウェイ感を作り緊張感を保つという自律が求められる話や、どんなに忙しくても月に3~4回は交流会に出て人脈の陳腐化を防ぐという話もありました。
 
一つ一つの具体的なエピソードがとても大変そうなのに、まるで簡単にクリアしまうように聞こえるのは、ICの達人であればこそ。そんな3人でも、繁閑のコントロールが難しいことでは意見が一致しました。突発的なクライアントによる予定変更や家族のアクシデントなど、自分でコントロールできないことは達人といえどもリスクになります。
 
ビジネスを継続するためには、新規の事業や顧客などを追いかけることよりも、まずは目の前のお客さまにしっかりと向き合い、すでに持っている自分の専門を深掘りして、常に磨きをかけていくことが大切です。個性豊かな3人であればこそ共通していた、足元の大切さを改めて考えた時間になりました。

表示: 50

このブログ記事はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2017   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約