opnlab

電車の中吊りポスターに惹かれ、国立科学博物館の「チョコレート展」に行ってきました。

子どもにとっては虫歯が、
大人にとっては体重が、気になる
甘いチョコレート。

食のイメージからかけはなれた国立科学博物館とチョコの組み合わせが非常に興味をそそる企画です。

入り口の、大判のチョコレート色のポスターを見るとさらにテンションが上がります。

chocolate1s.jpg

中に入ると、蒸気機関車の模型が置いてあります。

単なる博物館に展示されている機関車のミニチュアかと思いきや、パティシエがつくったチョコレート製の機関車です。

かなり精巧。まさに鉄。黒光りし過ぎていて、、、とても固そう。

chocolate3s.jpg

スーパーリアリズムなチョコレートの機関車の前を過ぎ、甘い香りが充満する館内へ突入します。

chocolate2s.jpg

展示は、チョコレートの歴史の解説をはじめ、様々な種類のカカオの展示、製造工程の映像紹介など、チョコレートにまつわる情報満載です。

chocolate5s.jpg

カカオはマヤ文明の時代から食されていて、神事に使われてきた貴重なものでした。

時代は下り貴族の間でも流行ります。下記は貴族が使っていた陶磁器。

chocolate6s.jpg

今のようなココアや板チョコレートは19世紀に入ってから開発されたもの。

意外と最近であることに驚きます。

終わりに近づくと、現在手に入るチョコレートも展示されてます。

ガラスケースの中なので、もちろん食べられません。

chocolate9ss.jpg

そして、最後の展示のコーナー。

上野ですから、やはりパンダ!

chocolate10s.jpg

国立科学博物館ですから、やはり恐竜!トリケラトプス!!

さすが国立科学博物館、チョコレートで精密に作られていて似ています。

でも何かが違う。そもそも美味しそうではない。

つい、食べ物というよりは素材の可能性や造形の正確さを追求してしまう、そんな国立科学博物館らしさも味わえる企画展でした。

行く前は、展示された館内に

「チョコレートフォンデュやココアがあったりするかな」

という淡い期待をもっていたのですが、それは大はずれ。

会場では一切チョコレートは食べられません。

最後はむしろこちらが食べられてしまいそうなシーラカンスに見送られ、会場を後にしました。

chocolate12s.jpg

そんなユニークな国立科学博物館のチョコレート展は2月25日まで開催しています。

と、上野で終わらず、さらに有楽町へ向かうのがオススメです。

有楽町の無印良品に「お菓子の家のジオラマ」が展示されているからです。

こちらはしっかり、

甘くて、かわいくて、美味しそうな、夢のお菓子の世界を見せてくれます。

荷台にカラフルなジェリービーンズを載せた電車も走っています。

親子連れが次から次へと訪れ、子どもとお菓子をカメラにおさめていました。

展示は(多分)12/25まで

chocolate13s.jpg
ちなみに、同じ形が並ぶ小さい家はキットになって無印良品で販売されています。

実は、このお菓子のジオラマに触発され、オプンラボでは

「建築家と作るお菓子の家」というワークショップの企画を進めています。

対象は、子どもから大人まで、
時期は2月中旬以降。

詳細は決まり次第opnlabのサイトで案内をします。

「お菓子の家だけど、ちょっぴり本格的!」

といったものを、大人も子どもも関係なく、わいわい作れればと妄想が膨らみます。

opnlab 小林利恵子

*同じ内容を誠ブログに掲載中

 

表示: 418

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2019   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約