opnlab

アートオークションというと、サザビーズやクリスティーズなどが重厚な建物の中でゴージャスに開催し、謎の富豪がピカソなどの名画を数億円で落札、庶民には縁遠い、みたいなイメージが根強い。

実は意外と身近に日本でも美術品のオークションが開催されている。

 

日本にはシンワアートオークションや毎日オークション、マレットジャパンなど数社のオークション会社があり、誰でも見に行ける公開のオークションも結構開催されている。美術品だけでなく、ジュエリー、ワインなどを扱う会社もある。

 

見るだけであればほとんどが登録不要で、参加したい場合は身分証明書を提示して登録。パドル(入札する際の番号札)を受け取って欲しい物にパドルを上げれば入札も可能である。

 

先日、ギャラリー クオリア・ジャンクションの方の紹介で、マレットジャパンとSBIアートオークションがそれぞれ主催するふたつのオークションに訪れた。誰でも参加できるので、潜入といったほどではないが、一般の人が日本のオークションの開催日を知る機会がないため、ほとんどが業界関係者だという。

 

マレットジャパンが開催するオークションはギャラリーなどの業者が対象で、数万から数百万の作品がテンポよく次々に落札されていく。シャガールやアンディ・ウォーホル、ベルナール・ビュッフェなど有名な作家が出品されている。

 

SBIアートオークションは、ややラグジュアリーなオークション。見た感じは業者や個人の資産家のような人が参加しており、スピードもゆったり。数十万円のものもある一方、数百万円、数千万円へと競り上がるものもある。奈良美智や岡本太郎が着実に落札される中、白髪一雄が予想を超える高値がついていた。それを上回るこのオークションの目玉は草間弥生だった。

 

オークショニアが場を動かす

 

オークションでは作品がもちろん主役だが、オークションの売上げの鍵をにぎるオークショニアはとりわけ重要な存在。壇上から会場のパドルを指し「20万円、25万円、25万円、他にいませんか?」と独特のイントネーションで金額を確認する。ごくたまに作品の希少性をほのめかす説明を補足し、さりげなく会場の心をくすぐる。値段が決まると、ハンマーを振り下ろす。心地よい音が会場に鳴り響きわたり落札。

 

固唾をのむ落札

 

作品の価格がどこまで上がるか、という期待もオークションのワクワク感を高める。

オークションにはカタログが用意され、作品の目安の金額が150〜200万円という形で書かれている。下限を下回ると基本的に落札はできない(ただし高額な場合はその限りではないようだ)。上限を少し上回る程度であれば、淡々と進められて行くが、大幅に値が上がりはじめると会場が静まる。例えば500万円と想定されていた作品が700万円まで競り上がった際には、会場におめでとうの拍手があがる。

 

主役はトリじゃない

 

目玉作品の演出も独特である。

最も高額になると期待されている作品は一番最後ではなく、中盤の少し後、もしくは最後から数点前くらいに登場する。うかつにも、マレットジャパンのときは遅く行って見逃す事に。SBIアートオークションは最後から3点目だったのでしっかりその様子を見学。メインの草間弥生の10mの作品(*)は、いきなり数千万円からスタートし、次々に値があがる。最終的には1億1千万円で落札され、会場はどよめきとともにやはり拍手がおこった。オークショニアの人は大役を終えて安堵した様子。会場をクールダウンさせるかのように残りの作品のオークションを行い、閉幕した。

*写真のDMとカタログの表紙に使われた作品

 

プライマリーもセカンダリーも

 

オークションは一旦だれかの手に渡った物を売るセカンダリーマーケットのひとつ。著名な作品が色々登場するが、値段もそれなりに高い。気に入ったものを手軽な金額で手に入れたい人は、ギャラリーなどで新しい作品を買うプライマリーマーケットから入ると、日本のアートマーケットの裾野が広がり、若手作家の支援になる。アート業界を支える人たちが切に願うのが、実はここだったりする。

 

いずれにしても、プライマリーもセカンダリーもあまり意識せず、オークションの会場に足を運んでみたり、ギャラリーをのぞいてみるのはおススメ。中に入るのは無料だし、意外とギャラリーの人は放置してゆっくり見せてくれるし、新たな発見や好きなものが見つかる。

 

[オプンラボ 小林利恵子] 誠ブログに同内容を掲載


アートとビジネスパーソンの交差点

一夜限りの立ち飲みギャラリー・ワインバー(4/26開催)

http://www.opnlab.com/events/artwinebar

表示: 1470

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2019   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約