opnlab

朝、一瞬、ジャケットを着るかどうか迷う。でもその日は暑かった。
荷物が多いからといって1泊2日できる旅行カバンも不自然。
でもそのおかげで、半日で50km以上も移動するはめに。

GW明けの5/6(木)、会社の銀行口座をつくりに銀行へ。
「会社の口座を開設したいのですが」
というと、浅草支店の窓口のお姉さんが若干怪訝そうに
「代表者さまですか?」
「はい」
謄本をみせると
「代表者様の住所か本店所在地でないと、口座が開設できません。審査も2~3日かかります」
「わかりました。では、住んでいる近くで作ります」
と同じ銀行の越谷支店へ。

すると越谷の支店でも
「代表者さまですか?」確かめるというより疑問系。
「本店所在地のある近くでないとだめです」
「え?浅草支店では大丈夫と言われたんですが」
「大変すみません。当行の決まりとなっております」
「わかりました」

銀行口座がつくれないと、お金が入ったり出たりできない!
どうしよう。
何が悪いのか?

そうだ、原因は自分の出で立ちだ。服装だ。
こんなブラウスでふわふわした感じではだめ。
スーツを着てないと銀行は相手にしてくれないのだ。(勝手な思い込み)

本店所在地のあるのは国分寺。もう失敗はできない。
銀行の国分寺支店に向かう前に、駅ビルの丸井へ。

ざっと店内を見回すと、いまどき多いノーカラーだけど、かっちりしていて、グレーの銀行的スーツをみつける。
これならきちんと見えるし、むしろ銀行窓口の内側に座っててもおかしくない。
「これください!」

お店で着替えて銀行へ。

すると、国分寺支店の窓口の人の、
「代表者様ですか」
が、
「(念のため確認させていただきます)」
という風に聞こえてくる。

実際、その場ですぐに口座開設完了。
店内に入ってから出るまで15分程度。

銀行スーツ、さすがだ。

表示: 110

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

1:13pm の 5 月 10, 2010 にある 小林 利恵子 のコメント
縁起ものとして、大事にします。
12:44pm の 5 月 10, 2010 にある 小須田紀子 のコメント
…笑えますー。
だけど、銀行スーツの威力、恐るべしですね!

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2020   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約