opnlab

コンタクトの長時間利用はよくない。とどこからか聞き、コンタクトのサブとしてメガネを作りました。

むかったのは、チェーンの「和真」

お店はいわゆる昔ながらのメガネ屋さん風なので、大昔(10年以上前)に作ったときのように、フレームが2~3万、レンズが2~3万、レンズを薄型にするとさらに1~2万、合計5万円以上になるかなと思って行くと、zoffのように低価格の3プライス(4800円、7800円、9800円)設定が用意されていてびっくり。この価格でレンズ混み。

私は、4800円のフレームを選んで、オプション価格でよいレンズを選択。それでも1万円以内。
レンズは名も知らないメーカーではなく、きちんとHOYAやTOKAIなど老舗のレンズメーカー。

また、私にとってメガネを作るのがおっくうになっていた原因のひとつレンズの厚さでしたが、それも劇的に改良されていました。和真で扱っていたレンズには、球面設計、非球面設計、両面非球面設計とあり、球面より非球面のほうが歪みがすくなく、両面非球面だとさらに薄くなる。0.02前後のど近眼のため、両面非球面にさらにオプションで薄型加工してほしいと伝えたら、その視力であればあまり差はないので必要ない、との返事にまた驚く。

検眼も機械が中心で、検査用の丸っこいごついメガネであわせるのは、最後の微調整のみ。
メガネの世界は、気付くととても進化していたと体感した楽しい買い物でした。

表示: 242

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2020   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約