opnlab

【8/28】コンテンツビジネスの未来を熱い3人が語る

8/28 オプンラボでは、「日本のコンテンツビジネスとテクノロジーの未来予想図」をテーマに、「映像」「電子書籍」「オタク」という3つの分野のスペシャリストに、日本のビジネスを牽引する「コンテンツ」の今後がどうなるか熱く語っていただきました。

まずは写真を中心に紹介。

「俺の動画論 -号泣するSTAP細胞交響曲1番スペシャル-」 

ヤフー マーケティングイノベーション室/水墨画家 志村一隆

この夏、アジア数カ国をまわって見て来た、各国のテレビ事情やカルチャーを紹介。

長年欧米各国を視察してきた中で、映像のビジネスを展開するのは「今ならアジア!」と熱く語ります。

【講演資料

shimura_opnlab140828.pdf.pdf

「電子書籍におけるインディーズムーブメント〜セルフパブリッシングの衝撃」
大日本印刷/Fighting Full Contact Singer 池田敬二

電子書籍に長年たずさわってきた池田さんが、いまその想いを注ぐのがセルフパブリッシング。自費出版ではなく自己出版。

電子書籍の雑誌、インディーズ作家を応援する月刊「群雛」を例に、デジタルの書籍・雑誌が、作家たちの活躍の場をじわじわ広げてる「とてもワクワクする状況だ」と紹介します。


【講演資料】

ikeda_opnlab140828.pdf

「アイドルの時代〜メディア論と消費社会論と公共政策論の交差点」

国際大学GLOCOM客員研究員(某省の中の人)/オタク 境真良

映画、テレビ、ネットの時代へと変化する中で、アイドルというコンテンツがどのように変わってきたか分析。

【講演資料】

sakai_opnlab_0828.pdf

AKBのような戦うアイドル、モモクロのような励ますアイドルに萌えることで、日本はもちろん、世界がとても幸せなになっていくのではないか、と語ります。

後半は参加者もスピーカーもビールを傾けながらトークセッション。

終始、参加者もスピーカーも笑いっぱなしの2時間となりました。

講演資料や取材に来られていたメディアのレポートなどが公開されましたら、こちらに順次追加していきます。

 

***

今回、ビール・コーヒー・ソフトドリンク付きということで、ビールを飲みながらの人が多いかと思いきや、涼しかったことと香りにひきよせられて、コーヒー協賛をしていただいた「舘田珈琲」のコーヒーに人気が集まりました。

opnlab

表示: 405

コメント

コメントを追加するには、opnlab のメンバーである必要があります。

opnlab に参加する

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2020   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約