opnlab

小林 利恵子さんのブログ (114)

カメラマンとイタリアン「SOUQ(スーク)」

カメラマンの田中雅(たなかみやび)さんに会社の写真を撮影してもらいました。目的は、創業時の様子の記念と、Web用素材。ところが田中さんはカメラマン以外の顔をもっていました。



それが「秘密結社 地球防衛軍 総督」。田中さんから届いたメールの署名欄のこの記載に不思議に思い、撮影当日聞いてみると、地球防衛軍の総督で秘密基地としてSOUQ(スーク)という場所があるとのこと。



SOUQとは一体?



撮影が終わった後ゆっくり話を聞いてみると、田中さんは「エコーズ」という会社の代表で、自産自消を推進する京都の企業… 続行

11 月 20, 2010 の 2:30pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

開かれたイノベーションから機会をさぐる~ドラッカーの勉強会

11月16日opnlab勉強会「ストーリーで学ぶドラッカーのイノベーション」を開催しました。…

続行

11 月 19, 2010 の 12:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

ソーシャルってゲーム?ネットワーク?メディア?

ソーシャルに興味があると話していた、採用・教育関係の仕事をしている女性に、12月8日の「企業とソーシャルの幸せな関係」の勉強会の案内を送ったところ、興味があったのは「ソーシャルゲーム」とのことでした。なるほど。「ソーシャル」がtwitterやfacebook、ブログ、YouTubeなどの「ソーシャルメディア」や「ソーシャルネットワーク」といわれているものだと思うのは、Webに近い仕事をしている人が中心なのかもしれません。



先週、12/8に話していただくヤマハのWebサイトを統括するWebマスター… 続行

11 月 13, 2010 の 10:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

浅草グルメ・名店

opnlabのオフィスがある浅草は、名刺交換で必ずと言っていいほど「美味しいお店がありますよね」ともりあがるエリア。

最近気がついた良いお店の判定ポイントのひとつは、元気なおばあちゃまの常連さんいること。しかも一人でふらっと来てたりして、かなり粋です。



マノス(ロシア料理)…

続行

11 月 13, 2010 の 12:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

週刊ダイヤモンドに勉強会「ドラッカーのイノベーション」掲載

11月16日開催のドラッカーの勉強会が週刊ダイヤモンド(11月6日)に紹介されました。しかも「みんなのドラッカー」というドラッカー特集号ということで、光栄です。



実は、気付くのが遅く、うっかり次の号の「宗教とカネ」特集を購入して探してしまいました。もちろんありません。もしやと思いバックナンバーを取り寄せたら、48ページの勉強会を紹介している一覧に掲載されていました。



こちらを見て何名かの方から申し込みしていただきました。しかも女性。新たなメンバーも加わり11月16日の会も楽しくなりそうです。…



続行

11 月 12, 2010 の 1:30pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

泥酔中につぶやいて後悔、を防ぐソフト

周りにお酒好きな人が多く武勇伝もよく聞くのですが、自分も含めて気をつけなければ。。。



泥酔中につぶやいて翌日後悔するのを防ぐ「Social Media Sobriety Test」

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/11/08/smst/index.html



酩酊状態でわけのわからないことを、ソーシャルサイトですぐにつぶやけないように、テストをもうけて敷居を高めるというソフトがでたそうです。Webroot Softwareというところが開発した「Social Media Sobriety… 続行

11 月 9, 2010 の 9:30am に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

オーガニックを身につける

10月26日、opnlabではファッションデザイナーの菱沼良樹さんに新たなファッションブランド「YOSHIKI HISHINUMA ORGANIC」の話をしていただきました。



ファッションの枠を超えて多方面で活躍する菱沼さん。最近では天野嘉孝さんとの企画展を開催。2009年と2010年にパリのオペラ座と日本の清水寺でEVE展が開かれました。歴史が古く重厚な建築物を舞台に、地球よりも知的な惑星からメッセージを持ってきた少女をテーマに、幻想的なインスタレーション表現を行いました。



食事も、身につけるものもオーガニック



2010年9月にミラノで発表した新たなブランド「YOSHIKI HISHINUMA… 続行

11 月 8, 2010 の 3:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

リアルもネットも本質は変わらない「ソーシャル」

楽器のヤマハ、カメラのキヤノン。

2社は趣味の世界の製品を扱い、熱いファンがいるという点で似ています。



ヤマハは楽器を販売するだけでなく音楽教室を運営することで、お客様との関係性を継続。

キヤノンもカメラの教室を開催。受講者はレンズなどの備品をつい、いろいろそろえていくといいます。



この2社には、ヤマハの鞍掛さんとキヤノンマーケティングジャパンの増井さんという、トップクラスというか仙人レベルのWebマスターがいます。お二人は、役員や社員のもとに「ソーシャル」関係の売り込みがきたら、まず呼ばれ意見を求められるとか。



Webを戦略的にとらえ、ソーシャルにはどのように取り組むべきか、数値をベースに理論的に企業Webを運営しています。すでに、ファンの集まりやスクールなどリアルな場で「ソーシャル」に取り組んできた2社は、それが例えネットになっても地に足がついたWeb・ソーシャルに対する見識を持ち続けています。



来る12月8日、そんなWebマスターの大御所としてのお二人と、アスキーメディアワークスの中野さんをモ… 続行

11 月 2, 2010 の 8:30am に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

ビオディナミのワイン

舌をかみそうな「ビオディナミ」。



これは、農薬や肥料などを使わない有機農法ワインの1つで、とても手間と時間がかかります。土壌造りや栽培、醸造に宇宙の力を借りるという神秘的な要素があるので、「占星術のよう」「カルト的」といわれることもあります。



フランス最大のビオディナミ生産者のドメーヌ・カズは、除草剤の使用を止め、1998年にはフランスの公式認証機関であるエコサートによる有機認証を取得。すべてのブドウにビオディナミ農法をとりいれています。例えば、科学的なものの使用は避け、自然酵母のみを使用したり、ぶどうの木の間に穀物を上、微生物の働きを活性化させて、腐食土を促進しています。



大地に息を吹き込み、ぶどうを自然のままに力強く成長させるよう即す。そのぶどうで作ったワインは、他のワインより値ははりますが、味も素晴らしい、とのこと。もちろん体にも良い。…



続行

10 月 21, 2010 の 6:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

[コラム]もしも龍馬がドラッカーのイノベーションを・・・

11/16の講師 藤田勝利さんより、講演の背景となるドラッカー経営学のメッセージに関する解説を送付いただきましたのでご紹介します。特に、「龍馬」「明治維新」にみるイノベーションの考察は興味深い内容です。龍馬伝をみている方は、最近放映された歴史的出来事のシーンが脳裏によみがえってくるかもしれません。(11月16日(火) 勉強会「ストーリーで学ぶドラッカーのイノベーション」)


ドラッカーに関する講演をする際は、必ず最初に「ドラッカーのマネジメント理論の源泉は何か」を伝えます。 (写真:手前左 藤田さん、手前右 ドラッカー教授)



そもそもドラッカーが「マネジメント」の探求に人生をかかげた理由は何か。それは「事業や組織のマネジメント」が「そこで働く人」と「社会」の幸福をもたらす重要な条件であるからです。それを具現化するためにドラッカーが強調したことがいくつかあります。… 続行

10 月 14, 2010 の 2:30pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

深みにはまっていくウィスキーナイト

日比谷bar WHISKY-Sはすごい。乾杯からウィスキーで、最後までウィスキー。(写真:乾杯のソニック)



10月12日に開催されたopnlab「ウィスキーと料理を楽しむ会」は、お店の方の素晴らしい企画力により、ウィスキー上級者も初心者も満足する、意表をついたお酒とおつまみのマリアージュが展開していきました。



日比谷bar WHISKY-Sは、日比谷barと山崎蒸留所が一緒に企画した日比谷barグループで唯一ウィスキーを専門としたお店です。最初にさわやかなソニックで乾杯し、白州など数種類のハイボールとそれにあわせた燻製を中心としたおつまみが登場します。店長の加藤さんが、熱くお酒とおつまみについて語るので、同席した人のテンションはさらに上がります。(写真:少々暗いですがソニックと白州のハイボール)…

続行

10 月 13, 2010 の 4:30pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — 5 件のコメント

お手紙ナイト―Room to Read×ハグルマ封筒

10月5日、ハグルマ封筒がウィングドウィール表参道店で開催した「お手紙ナイト」に参加しました。NGO法人「Room to Read」とのチャリティイベントとして、ビジネスパーソンのための手紙のお作法を学びます。(写真:Room to Read事務局長の松丸さん)



Room to Readは、元マイクロソフトのジョン・ウッド により2000年に創設されたNGO団体です。「識字率の向上」などを実現するために、途上国で学校建設、図書館建設等のプ ログラムを実施し、2015年までに1000万人の子どもたちに教育を提供することを目指しています。はじめ、団体を知らなかったのですが『マイクロソフトでは出会えなかった天職』という本の団体とのことで、それなら聞いたことがあります。事務局長の松丸さんはおだやかで知的な女性で、熱意をもってRoom to… 続行

10 月 9, 2010 の 11:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

書物でたどる言語のイノベーション

9月30日、松岡正剛氏による「言語のイノベーション」をテーマにしたセミナーに出席しました。1日1冊の本の書評をつづる「千夜千冊」を続け、今は少しペースを落としているとは言いますが1300冊を超える書評のアーカイブを築き続けている松岡氏。「千夜千冊」を書籍化した際、はじめは1冊が広辞苑よりも厚くなってしまい、製本できる会社がなく、厚みの調整をしたとか。松岡氏が「本」が語る内容から古代から現在にいたるまでの「言語のイノベーション」について語りました。



講演では、松岡氏が過去に読んだ膨大な書物・情報の中から「言語がどのようにイノベーションがおこっていったか」という関係性を丁寧に紐解いていきます。ゆっくり話していながらもそこに凝縮された知識があまりにも広範で、なかなかついていけず、ハードな頭の筋力トレーニングのようでした。「いつか、読もう!」という意思のもと、講演の中で紹介された書名をリストアップしておきます。



1.『身ぶりと言葉』アンドレ・ルロワ=グーラン

2.『内なるミューズ』ヨン=ロアル・ビョルクヴォル

3.『沈黙の王』宮城谷昌光… 続行

10 月 1, 2010 の 10:30am に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

熱気あふれるおとなの学び場「ラーニングバー」

去る9月29日、東京大学教授 中原淳先生が主催するラーニングバーに参加しました。ビジネスパーソンを対象とした勉強会で、200名の枠に800名が応募するほど人気の企画となっています。今回、運よく抽選で当選し、250名まで広げた枠になんとか入り込めたようです。会場は東京大学の本郷キャンパスにあるFUKUTKAホール。



中原淳先生はまだ30代半ばですが、社会人教育の分野では非常に著名な方で「大人の教育を科学する」をテーマに様々な研究や活動を展開しています。つい先 月は、ハーバード大学の白熱教室で有名なマイケル・サンデル先生が東京大学の安田講堂での講義したときも、企画と運営にかかわっていらっしゃいました。





サイバーエージェントの人材マネジメント… 続行

9 月 30, 2010 の 5:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

脳を活性化する

先日、アクティブ・ブレーンセミナーの主催者であり講師もつとめる東田一人さんの話を伺いました。私が所属している… 続行

9 月 28, 2010 の 9:30am に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

リニューアルしたワイナリー「シャトーメルシャン」でワインを満喫

先日、9月1日にリニューアルした山梨県の甲府盆地に位置する勝沼にあるワイナリー「シャトーメルシャン」へ行ってきました。10億円かけて見学施設や生産設備がリニューアルされ、国産ワインの魅力を存分に伝えています。(通常は「ワインを楽しむ」コース60分と土日祭日のみ「ワインを識(し)る」コース90分があります)





ワイナリーのフルコース



午後、シャトーメルシャンに到着し、2時間半で一気にテイスティング、セラー見学、シャトー・メルシャン ワイン資料館、ブドウ園を堪能しました。



最初は、リニューアルにあわせて改装されたビジターセンターでテイスティング。

「シャトーメルシャン 甲州きいろ香」「シャトーメルシャン 新鶴シャルドネ」「地ワイン… 続行

9 月 13, 2010 の 7:30am に小林 利恵子さんが追加しました。 — 2 件のコメント

緻密な調査とデータ分析にもとづき、ユニバーサルデザインは発展

9月6日、opnlabでは「ユニバーサルデザイン」をテーマに勉強会を開催しました。





右が今回講師の山下さん、左奥は山下さんが師を仰ぐCUD(カラーユニバーサルデザイン)の大家、武者さん。



講師は、凸版印刷のパッケージ部門でユニバーサルデザインを極めた山下氏。

実は9月9日に定年退職をし、その後ゆったりとした生活を送られる予定、ではなく、国関係の研究所でさらなる活躍をされるそうです。9月6日は、「勉強会でしかおみせできないのです」という調査データやパッケージの写真を紹介しながら、凸版印刷での集大成ともいえる(と、opnlabでは勝手に思っています(笑))貴重なお話をしていただきました。



そもそもユニバーサルデザインとは?… 続行

9 月 9, 2010 の 11:17am に小林 利恵子さんが追加しました。 — 1 件のコメント

opnlabがフリーペーパー「COBS」に紹介されました

8月25日に発行された、フリーペーパー「COBS(コブス)」8月号(発行:毎日コミュニケーションズ)にopnlabが掲載されました。



COBSは「切れ者になるビジネス実用誌」をテーマに20代のビジネスパーソンをターゲットにした情報誌。都営線の駅ホームなどを中心に配布されています。8月号の特集は「最強の文章力」。働きつつ学びも熱心な層にむけてスクールや達人の学びのコツを取り上げています。



opnlabはINFORMATIONのコーナーの「STUDY」で「ビジネス脳を刺激するopnlabがオープン」と紹介されました。



COBS ONLINE…

続行

9 月 7, 2010 の 6:00pm に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

ウィスキーを楽しむ会の報告

9月1日、ウィスキーを楽しむ会をプライベートで開催しました。

お店は代々木のbar W。参加者は6名



マスターの荒井さんが、ウィスキー5大生産国のウィスキーを用意。グラスにはそれぞれ15ccずつ入っています。通常テイスティングはトゥワイスアップ(水1、ウィスキー1)とのことですが、今回はなにも割らずにそのままの味を楽しみました。…

続行

9 月 2, 2010 の 9:30am に小林 利恵子さんが追加しました。 — コメントはありません

8月24日の暑気払い、興味深い情報満載でした

8月24日に、浅草の酒屋「大枡」がてがける「浅草ビアホール」で暑気払いをしました。オプンラボ登録メンバー10名が参加。9月6日のopnlab勉強会の講師でもある山下さんも顔を出され、参加した人が、「あ、サイトのあの写真の人ですね」と初対面同士ながらもすぐに会話がはずんでいきました。



今回はゆるやかな交流会なので、基本的にはずっと飲んだり食べたりでしたが、後半20~30分ほど自身の業界・仕事または趣味の話題を1人2~3分、話をしていただきました。



とある野球やサッカーなどの雑誌にたずさわる編集者は、実は、これらは広告にほとんど頼らず、実売で収益を確保しているとのこと。特にその出版社が発行する野球の雑誌は、素人の野球好きの広いネットワークをもち、情報提供してもらうので、マニアの刺さる情報がどんどん集まる仕組みができています。出版に関わっている人にとってはあまり広告営業を意識せず、雑誌の中身作りに力を入れられるというのは、ある意味夢みたいなことなんです、というと、隣に座る別の出版社の編集者も「うんうん」とうなずいてました。



ある団体の女性… 続行

8 月 25, 2010 の 9:30am に小林 利恵子さんが追加しました。 — 2 件のコメント

お問い合わせ

opnlab

information@opnlab.com

ビジネスエコシステムを築くため、継続的なセミナー・コンテンツを企画・発信したい企業のお手伝いをしています。

アクセス:opnlab九段オフィス

千代田区九段南2-8-5-1F

九段下 2番出口より徒歩10分

市ヶ谷
  地下鉄A3出口より徒歩10分
 JR改札より徒歩13分
半蔵門 5番出口より徒歩10分

写真

  • 写真の追加
  • すべて表示

バッジ

読み込み中…

© 2020   Created by 小林 利恵子.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約